プロフィール

  • コピーしました

 

はじめまして、ひでのりと申します!

この度はプロフィールをご覧頂き、ありがとうございます。

 

私はアラフォーの元会社員です。以前は大宮と横浜に住んでいましたが、色々あって今は地元の福井県に住んでいます。

 

現在グーグルアドセンスやアフリエイト広告にて、月収30万円~50万円を安定して稼いでいます。リーマンショック以降、雇われる立場に不安を感じたため一念発起してビジネスに取り組んだ結果、少しずつですが人生が好転してきました!

 

このまま収益を上げていき、再び首都圏に戻るべく日々作業をしています!

 

とはいえ、ここまで来るまでの道のりは安易なものではありませんでした。しかし、失敗を重ねながらも諦めることなく続けてきた事が結びついての結果だと思っています!

 

以下、簡単な私のアフィリエイト遍歴となります。

 

ひでのりのアフィリエイト遍歴
  • 2021年5月:月収15万円達成
  • 2021年9月:月収19万円、月間50万PV達成
  • 2021年10月:月収30万円、1日で10万PV、日給3万円達成
  • 2021年12月:月収50万達成

 

この「プロフィールページ」では、

 

  • 他人軸→自分軸で生きるまでについて
  • 私がアフィリエイトを始めたきっかけについて
  • アフィリエイトでの挫折→月50万円を稼げるようになった道のり
  • ブログと出会って変化したことや、今後の目標について

 

といったことをまとめています。

 

また、アフィリエイトに関する詳しい内容については、ブログ記事や後ほどスタート予定のメルマガにてご案内していきます^^

 

嘘偽りなくありのままを知って頂きたかったので、暗い内容のエピソードや、ドン引きされるかもしれない過激な発言も含んでいますが、人生を変えたいと思っているあなたと同じような思いをしたからこそ、敢えてお伝えしています!

 

このプロフィールページが、あなたの人生を好転させるきっかけになりましたら幸いです^^

 

 

 

他人軸だった人生→自分軸に生まれ変わるまで

 

 

私は、もともと内向的な性格かつ自己肯定感の低い人間だったので、よく他人の顔色を伺うタイプで気苦労の絶えない人生を送っていました。

 

特に高校卒業までの18年間はあまり自己主張をしてこなかったため、周りに同調しながら生きるというつまらない人生だったなと思っています。

 

また、自己肯定感の低さが原因で損をすることや、要領のいい人に利用されるようなこともあったりと(苦笑)

 

また、田舎特有の「みんな同じ」を求めてくる同調圧力や、何かやろうとすると真っ先に出てくる言葉が「諦めろ」「お前には無理」という保守的な環境・考え方にとても違和感を感じはじめたのは中学生の頃からだったように思います。

 

だからこそ、「自分を変えたい!」という思いは、中学生の頃からずっと持ち続けていました。そして、それは音楽との出会いによって少しずつ変わっていきます。

 

 

 

中学~高校時代

中学時代に「XJAPAN」を聴くようになり、彼らの激しい音楽やライブでのパフォーマンスに魅了されていき、特にボーカルのToshiさんとギターのHIDEさんがお気に入りでした。

 

普段は紳士的なのに、ライブになると激しいキャラになって観客を煽る姿に心地よさを感じ、ワクワクさせられたものです!

 

そんなXJAPANとの出会いが自分を奮起させてくれたのか、同調圧力を求めてくる同級生と決別したいと思い、一念発起して勉強した結果進学校に進むことができました^^

 

その後、高校時代になると洋楽に目覚め、海外のヘヴィメタルを聴くようになり、自分にはない「直球でぶつかっていく姿」に心酔していきます。

 

音楽はさることながら、歌詞の内容も「キレイごとではないリアルな心情」や「社会風刺をぶった斬る内容」をテーマにしたもので、自分の信念を持つことや主張することの大切さを音楽を通じて学びました。

 

今でいうとホリエモンのように忖度なしで、世の中に対する不満を直球でぶちまけていたところに、どこか心が動かされるものを感じたんです!

 

当時よく聞いていて今も好きなバンドのひとつに、「MACHINE HEAD」というアメリカのバンドがいるのですが、彼らのいかつい雰囲気やキレイごとを言わない反骨精神むき出しな世界観にノックアウトされたなあ!

 

 



引用元 Roadrunner Records

 

 

大学時代

 

その後、音楽好きが嵩じてギターを始める事になり、大学に進学してからは軽音部に所属してバンド活動をスタートさせます。パートはギターとボーカルでした。

 

バンド活動以外にも、頻繁に新宿や渋谷等にあるライブハウスに足を運んでは、国内外のアーティストのライブを観戦しにいったものです。

 

下の画像は、約20年前にライブハウスにてお目当てのバンドの方と撮らせてもらった写真です。一応、許可を取っているわけではないので相手の方の顔はぼかしています。

 

余談ですが、アバター(アイコン)と似てなくてすみません(汗

 

 

 

こういった趣味を満喫する一方で、残念ながらニッチな分野だったこともあり、こだわりも強い性格だったことから、よく長いものに巻かれるタイプの人からは「協調性がない」などと揶揄されることもありました。

 

だけど、主体的に好きなものを見つけて楽しんでいるだけだったので、「いちいち批判される筋合いはない」というスタンスで、相手が先輩だとしても意見したりしました。

 

また、「協調性」という言葉に対して「差別的な圧力」としか感じられなくなったのもこの頃からかなと(苦笑)

 

今振り返ってみると、自分の意見が言えるようになったのは音楽がきっかけだったなと改めて思います。

 

また、大学は滑り止めで入ったところなので何もかも中途半端だったのと、私の好きなジャンルでも有名大学のサークルでは、学園祭にプロを呼んで共演したりなど結構活発だったようなので、「妥協は絶望しか生まない」「環境要因は大きい」と痛感させられました。

 

とはいえ、今でも付き合いのある親友もできましたし、悪い事ばかりだったとは思いません。その後劣等感を払いのける努力も出来たので、トータルで考えると悪い事ばかりではなかったかなと。

 

新卒で入社した会社で、負け犬根性を鍛え直される!

 

大学卒業後は、大手人材サービス会社に就職しました。ベンチャー色が強く、業界も急成長中だったので、典型的な古い働き方ではなく、社歴に関係なく若手でも意見を述べられる環境に魅力を感じたからです。

 

また、人と企業を繋ぐエージェント/仲介的な役割(カッコつけて言いましたw)でもあったので、問題解決能力が求められるやりがいの大きな仕事でもあったかなと。

 

職種は営業職だったのですが、そもそもなんで営業をやろうと思ったかというと、ヘタレな自分を変えたかったから。これまでは「自分の意見を言うこと」や「嫌われる事」に抵抗があったのですが、そんな自分を変えていきたい思いが強かったからです。

 

大手人材サービス会社での経験は良くも悪くもイケイケだったため、良い事ばかりではなく大変な事もありましたが、以下のような点で自分の中でプラスとなりました。

 

プラスになった事

 

  • 学歴コンプレックスを解消できた
  • 論理的&合理的な思考が身についた
  • 負け犬根性を叩き直すことができた

 

大学は滑り止めだったのでずっと学歴コンプレックスでしたが、常に考える事が求められる仕事でもあったので、論理的な思考、戦略だてて物事を考える事、合理的なものの考え方を身に着けることができ、負け犬根性を叩き直すこともできました。

 

→この経験は今のアフィリエイトの仕事にも活きているので良い体験だったと改めて思います!

 

 

そのため、気が付いたら学歴の事なんてどうでもよくなるほどにまで考え方が変わったほどです。

 

 

上にも書きましたが、良い事ばかりではなく社内での競争も激しかったので、足を引っ張られることも有ったり同僚や上司と衝突することもありましたが、社風として意見を述べる事や多少の衝突があってもゴチャゴチャ言われなかったところが救いでした。

 

また、嫌われることを恐れて意見を言わないことは機会損失でもあると心底思いましたし、私自身声を荒げる事もありましたが、何も言わず行動せずよりは状況を変えるきっかけになったと思います。

 

その後転職して別の会社に行きましたが、色々あって常識を疑うことや人生を見つめ直すきっかけにもなったので、下記にて解説していきます。

 

 

 

保守的で他責思考の環境にブチ切れ、どん底に陥った転職後の生活

私がアフィリエイトを始めたきっかけは、転職後の会社で(東京と田舎にて)味わった数々の理不尽な出来事。

 

いちいち品定めされたり質問責めされたりと、「お前ら何様なんだ!!」と思う事も多く心底人間関係にも疲れました・・・

 

今思うと、付き合う人や環境を変えるだけでも全然違うので、ゴチャゴチャうるさい外野とはドライに付き合って自分を大切にしないとボロボロになるなと実感させられます(苦笑)

世間ではクリーンなイメージでも、実はク◯だった会社

転職後は最初の会社と同業ですが、ある会社のグループ会社ということで、ネームバリューも有ったので、世間的な印象は良かったのかなと。

 

しかし、ふたを開けてみると旧態依然としていて問題意識の低い会社だったことにすぐ気づきます。

 

まず、ベテラン社員の不正を告発したことで一方的に仕事を取りあげられるなどの嫌がらせを受けました。また、ろくに仕事もしない上司がストーカーのようについてきては邪魔してくることもあり、心底迷惑を感じていました。

 

その後異動して勤務地が横浜から新宿になったあとも、また一方的に仕事を取りあげられたり、毎日毎日意味もなく会議室に呼び出されてはネチネチ嫌味を言われたり、望まない雑用をさせられたりと精神的に参る日々。

 

そして、飲み会などでこちらが嫌がっているにも関わらず質問攻めしてくる同僚などについて、言い返したら「暴力的だ」と悪者扱いされたり、一方的に泣かれることもあったりなど被害者面されることも多く、人事に相談しても何も対応してもらえないどころか、逆に「文句があるなら会社を辞めろ」「協調性がない」などと言われて悔しい思いを味わいました。

 

とはいえ、我慢にも限度があるわけで、しびれを切らした私は親会社に苦情を言ったところ、それでも「パワハラなんてありえない」などという呑気な態度を取られたので、「あなたがたの提唱するリーディングカンパニーとは口だけですか?」激怒したところ、ようやく重い腰をあげて動くようになりました。

 

そして、人事の取締役が実態調査をした結果、色々あったことは理解したようで、「陰湿な職場風土は根絶させる」と約束してくれましたが、結果的にそれはただの口約束でした・・・

(要は、グレーなところは顧問弁護士などに相談して隠ぺいできるかどうかを確認したかったんじゃないかと思っています。)

 

そんなことがあったので、頭にきた私は、朝礼時に自分で作った会社の体質に対する意見書をメールと口頭で発信したり、パワハラしてきた上司などに対して、CCに色んな役職者の名前をつけて「これで文句あるなら色んなところに告発するから覚悟しとけよ」的な抗議メールを送るなどの行動を起こします。

 

その後、その上司は出向になりましたが、結局は表向きで何も変わらず。その後ものうのうと私の異動先に顔を出して偉そうにしていたので、目の前で紙をビリビリに破いて投げつけたり、机を叩いて威嚇して追い出したりしました(苦笑)

 

以降は、いっとき落ち着きましたが自分以外にもパワハラの被害に逢っていたという人が20人以上もいたことや、産業医もぶっちゃけていたのですが、パワハラによって精神的に参ってしまい、命を絶とうとした人もいたとのこと。

 

また、表向きはもっともらしいことを言ったり、キレイな言葉を並べるのは相変わらで、何も変わろうとしない会社の姿勢に不信感が募っていき、意見書みたいなものを作って会社に対して直談判しました。

 

私も、「管理職のレベルが低い」「マネジメントが下手くそ」などと歯に衣着せぬ発言をしたので、会社も面白くなかったのでしょう。そこからまた嫌がらせがエスカレートしていき、周りも見て見ぬふりしていたり陰口叩かれることもあって、精神的に疲弊してきます。

 

実は、弁護士にも相談しに行ったことはありますが、「精神的苦痛を理由としたパワハラの事例は、裁判して勝ったとしても報酬はたかだかしれたもので、費用を考えるとマイナスになる可能性が高い」と返答。

 

そのため、お金に糸目をつけずに何としても会社に謝罪させたいという気持ちがない限りは厳しいと判断し、そのことでも絶望を感じたものです・・・

 

それでも言いくるめられてばかりなのは悔しかったので、納得いかないことはとことん議論したものの、うだつの上がらない上司の態度にやっぱりイライラして「おまえもういいよ!」と啖呵を切ったこともあります。

 

その結果、ボーナスを20万円ほど下げられたり、通信簿みたいなものに「ノウハウなし」「協調性なし」「柔軟性なし」などと書かれ、もう希望なんて無いと思い退職しました。

 

 

 

 

田舎で再就職するも、また上司にブチギレ

 

 

その後、不本意ながら田舎に戻り再就職するのですが、上司との折り合いが悪く最悪の日々を過ごすことに。

 

要は、「マイクロマネジメント」という、やたらと細かく重箱の隅をつついてくるような、他人の事を信用しないタイプの性格で、そのうえアナログ思考で一言多いところがありました。

 

私は、約1年間の間その上司に対して話し合いを求めましたが、何も解決せず我慢も限界を超えたため、声を荒げて逆に私が説教したり机を叩くなど、日課のごとく喧嘩・ケンカ・けんかの日々(苦笑)

 

極めつけは、福井県から広島県に転勤が決まったことでお客さんにあいさつ回りをしたときにの上司の一言。

 

 

(お客さん)

 

転勤したら、知り合いがいなくて寂しいかもしれないけど

頑張ってね!

 

(ひでのり)

 

ありがとうございます!

幸い、知り合いがいるんで
寂しくはならなそうです^^

 

(上司)

 

(私に対して)そんな時間無いと思うけどね

 

 

という会話の流れがあり、たぶん何も考えずにポロっとでた言葉なんだとは思いますが、言葉を選ばずに思考停止状態での発言だったのだと思われます。そんな上司の一言にデリカシーの無さを感じ、このことがきっかけで色々と抑え込んでいた感情が爆発!

 

そして、

 

「だから思考停止したバ◯は嫌いなんだよ!」

 

とまたまたブチ切れて上司を泣かしてしまった・・・

 

 

その結果、私は転勤することになったのですが、転勤先でもその上司と揉めたことをネチネチと言われるだけにとどまらず、一方的に退職勧奨を受けたことで鬱が再発。

 

ですから、心の底から

 

「もうやってられるか!!」

 

と思ったものです。

 

 

 

 

「常識」はあてにならないと痛感し、自分の望む生き方に進むと決意!

 

 

私はリーマンショック以降の出来事で、関係ない他人が好き勝手言ってくるという苦痛を味わいました。でも当事者ではないので色々言われる筋合いはありません。

 

色んな事を一方的にジャッジされてきて、勝手に「お前にはがっかりした」などと言われたり、「ムカつく事言われても我慢しろ」などもっともらしいことを言って来るw見てるだけ黙ってるだけで何もしない連中なのに・・・

 

だからこそ、「何もしない評論家気取りのお前らは黙ってろ!」と強く思いましたし、他人の為に生きているわけではないので、心底他人軸なんてバカバカしいなと思ったわけです。

 

会社は表面上はキレイなことを言いますが、リーマンショック時や田舎で再就職したときに、いざというときは容赦なく気に入らない人間を排除するんだなと思い知らされたので(苦笑)

 

そして、「耐えるだけが人生じゃない」「常識なんてク◯くらえ!」という思いから、新たな一歩を踏み出す事に。

 

アフィリエイトとの出会い→月収50万円までの道のり

失意のなか、気分転換にとアメブロで日記を書いていた時にアフィリエイトの存在を知ります。そして、自分と同じような境遇にいた人が結果を出すことで人生を変える事ができたことを知り、私もやってみたいと思ってある塾に入ります。

 

入塾したきっかけは、アメブロで知り合った人の紹介だったのですが、入塾するまでは親切だったのに、その後は「とにかく毎日ブログ記事を書け!」といった根性論的なことしか言われなかったため、挫折への道まっしぐらという状態に(苦笑)

 

その後、「このままじゃいけない」と感じた私は、色々と調べて「トレンドアフィリ」や「Youtubeアフィリエイト」の存在を知り、仕切り直しをします。

 

その後、トレンドアフィリとYoutubeを実践した結果、以下のような結果となりました。

 

  • トレンドアフィリ:3か月で1万円→4か月目で3万→1年後には月5万円達成
  • YouTube:4か月で月1万達成後、度重なる規約変更の為撤退

 

残念ながらYouTubeは自分に合っていなかったのか、上に書いたように規約変更が多く、チャンネル削除されることが3回もあり、昔はゆるかったのですが、追い打ちをかけるかのように収益化の条件も厳しくなっていったため、泣く泣く辞めてブログに専念する決意をします。

 

しかし、あれこれ手を広げるよりは、ブログに専念できたので結果オーライだったと思います!

 

その後、塾やコンサルを受けながら実践をしていき、伸び悩みが続いて苦戦するも、3年目でようやく10万円を達成!

 

それまでは来る日も来る日も記事を書いて書いて書いて書きまくる日々だったので、とにかく素振りをする毎日が続いたせいか、4~5か月ほどの間燃え尽きてしまいます・・・

 

そのため、10万円達成後も伸び悩みが続きましたが、その後アドセンスだけではなくASP広告を利用するようになったり、中古ドメインや外注化を駆使することで飛躍していき、最高月収50万円まで稼げるほどに成長することができました!

 

もちろん、アフィリエイター仲間や良い環境との出会いも大きかったです^^

 

また、ノウハウを極めると下の画像のようなこともできるようになります!これは、1日で10万PV集めた時のアクセス解析の画面なのですが、リアルタイムで2000人の人が私のブログにアクセスしていたということを示しています。

 

 

 

色々あって、「もうやってられるか!」というどん底状態からスタートした私のアフィリエイト人生でした。ぶっちゃけ、自分よりも後に始めた人のほうが大きく稼いでいたりして自己嫌悪に陥ったこともあります。

 

だけど、アフィリエイトは良くも悪くも変化の激しいビジネスなので、常に「新しさ」が求められる側面もあります。私は、貪欲さを持ち続けた結果、かつて自分よりも稼いでいた人たちをもぶっちぎりで追い越す事ができるようにもなり、大きな自信にもつなげる事ができました!

 

よって、現状にとどまることなく今後は月50万→100万、そのさらに上を目指すべく日々精進していきます!

 

 

私がブログと出会って変わった事と、今後の目標

 

ブログで収益を得るという体験を積んだ結果、以下のようなメリットがありました。また、大手人材サービス会社にて働いていた時の考え方が今に活きているところもあり、主体的に動ける環境要因は大きかったなとも思います。

 

ブログ実践を経て得たもの
  • 人間関係で悩まなくなった
  • 「お前には無理」「所詮は夢物語」といった周囲の批判を気にしなくなった
  • 主体的に動いて収益を得たことで、自発的な行動に自信が持てるようになった
  • ドン底だった人生から希望が見えるようになった
  • 他人軸→自分軸に切り替える事ができた
  • 仲間や環境を得る事ができた
  • 「夢」は願うものではなく、実現させるものだと思えるようになった

 

 

長くなりましたが、失意のどん底状態から高額塾での挫折を経て、月30万円を稼げるようになった成功道を、このブログや後に発信する予定のメルマガにてご案内していきます!

 

また、現在取り組んでいるジャンル以外にも積極的に取り組んでいく予定で、随時情報のアップデートをしていきますのでよろしくお願いします!

 

また、今後の目標は上にも書きましたが、まず収益を伸ばして2022年中に100万円達成を目指し、再び首都圏に戻ることです!必ず成し遂げます!

 

 

さいごに

 

振り返ってみると紆余曲折ありましたが、そんな私でも結果を出すことができて、明るい未来に向けて進むことが楽しくなってきているので、あなたにも同じように頑張ってほしいと思います!

 

また、情報を発信することで、このブログに興味を持って下さったあなたの躍進のお手伝いをすることができたら嬉しく思いますが、それだけでなく共に喜びを分かち合える仲間になることができたらもっと嬉しいです^^

 

 

私と一緒に夢を実現させましょう!
ここまでお読み頂き、ありがとうございました^^

 

 

 

 

 

  • コピーしました
テキストのコピーはできません。